16枚のCDを購入

もう冬に入ったというのにここ数日暖かかったですね、みなさんいかがお過ごしですか?
12月が近づきワクワクしているグレー松です。

先日、高知の有名CD屋さんが閉店しました。このお店は高知で唯一クラシックCDの品揃えが多い店だったために大変残念である。。。
CD屋さん、長い間大変お世話になりましたm(_ _)m


10月下旬には50%OFF、11月に入ってからはなんと80%OFFで販売していました。私は10月から何度も通い合計16枚のCDを購入したのだ。

ドキドキしながらCD数枚をレジに持って行く・・・・、チン!!11,280円!?うわ~っ!小心物の私は金額にびっくり!ってしかし80%引きなので2,256円・・・・安心・・・っていうか一応およその計算しながら選んだので間違いはないのだが小心者の私はビクビクするのである。
こんな事とを何度も繰り返しながらちょこちょこ通い購入したのだ。中には50%の段階で早く購入しておけばよかったのに・・・・もう無くなった・・・ってのも何枚かある・・・ドドン!と大人買いをする勇気の無い私には結果的に損な事である。

しかしCDは家庭を持ってからめったに購入しなくなったので50%や80%OFFなんで小遣い制の私には大変うれしい事、本当は聴いてみたいが普段は購入する勇気のない作品を購入できるチャンスであった。

私はトロンボーン吹きであるが、約半分は演奏の中にトロンボーンが入っていない作品を購入・・・・・今日の段階でCDを包んでいるビニールを剥したのはまだ3枚だけである。家庭持ちの私は空く時間はトロンボーンの練習がほとんどなのでCDをゆっくりと聴く暇がほとんどないのだ。。。
唯一包みを空けた3枚の中でC.ドビュッシーのピアノ作品が大変気にっており、仕事の帰りに車の中で聴きながら帰る。

学生時代にピアノ科の先輩や同級生が演奏していたC.ドビュッシー作曲『喜びの島』が非常に印象深く残っていた事もあり購入、喜びの島をはじめどの作品も素晴らしい!!何か癒やされるっていうか幻想的な作品もあれば心が落ち着く作品もありといった感じで仕事の疲れを何となく取り省いてくれる様な気持ちになれるのだ。

他に包みを開けたCDは日本が誇る世界の名ピアニスト、内田光子さんのモーツアルトピアノ協奏曲これも素晴らしい、モーツアルトの作品はどれも直ぐに入る事が出来る、以前にはホルン協奏曲にハマっていた事もある、それにしても内田光子さんはモーツアルト作品に対しての評価が高いだけあって皆さんにもおすすめしたい。・・・・いつかは勇気を振り絞り内田光子さんのモーツアルトピアノソナタを購入したい。

後もう1枚はドヴォルザークの交響曲第6番・・・・・これはマイナーだと思うが私はドヴォルザークのシンフォニーが好きなのでお気に入りの1枚となっている、そして必ずノイマンのチェコフィルというセットでないとだめなのだ、色んな好みはあると思うが私はドヴォルザーク作品はノイマンのチェコフィル以外は興味が無い、どんなに録音時期が古くても・・・・、

何故ノイマンのチェコフィルなのか?・・・・おそらく私が幼少時代に両親がしょっちゅうレコードで聴いていた新世界がノイマンのチェコフィルだったからであろう。そのため他に持っている7・8・9番は全てノイマンのチェコフィルである、他の組み合わせも持っているが置くにしまっている。

他13枚は未開封・・・・・そして今までに購入したたくさんのCDで棚はいっぱいである、未開封13枚が縦置きに積み上げられている・・・・・全て開封されるのはいったいいつだろう。。
スポンサーサイト
プロフィール

金五郎

Author:金五郎
高知県で活動している、トランペット・ホルン・トロンボーン・チューバによる金管五重奏団です。
2008年 4月にメンバーを固定しての定期的な練習を行い、本格的に活動を開始しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード